FC2ブログ
 
歩こう 
うひょひょ~ また一日が過ぎました。

まだまだ これで良いという満足な日はないけど。

今日は息子が彼女を連れてきました。

そして 娘も孫ちゃんを連れて参加して 大賑わいの一日となりました。

去年の息子の個展の日にいきなり紹介されて

そして 息子が彼女の家に挨拶に行き・・・って これは

インフルエンザの道行きになり 思うように伝えられなかったようで

計画していた九州1周旅行も出来ずじまいだったようだけど。。。。

彼女が出来るかも~の話を聞き始めたのは 病気の最中。。。。

息子大好きなわたしは ちょっと戸惑いながら

それでも今日までに思ったことは 「息子を好きになってくれた人」への感謝。

自分の好きな事を仕事にして 結核という大病して1年間無収入だった息子でも

それ以前にも増して付き合いの度を深めてくれた人への感謝です。

甘いかなぁ~ と いつもわたしは自分のことを思います。

世間知らずの母親だけど 

「どーぞ よろしくお願いします」に決めました。

今まで以上のことは出来ない。 そして しないように努力する母だけど いいかい?

好きな同士が一緒になるんだもの・・・・ ふたりで乗り越えようと踏ん張って欲しいね。

笑顔が多くて 明るい感じの娘さん

わたしが片付け始めると さっと立って息子の食器と一緒に運び始めた。

母とわたし 息子と彼女 娘と孫ちゃんの食卓が明るくなる雰囲気で

昼からワインで乾杯して わたしはずっと飲んでしまった。。。

まるで オヤジ役だわ わたしって。。。。

だってね 息子って成長するにつれて遠い存在に感じたり

いるだけで安心できる存在だったりして

まさか こんな日が来るなんて 想像だけの世界だったから。。。。

こんな時 何を言っていいのかわからない。。。。。

人見知りして娘に抱きついて白い目で見ていた孫ちゃんもいつしか打ち解けて

「おじちゃん」「おねえちゃん」と呼び おまけに母のことをはっきり「おばあちゃん」と

もちろん わたしは「ばぁば」で一番のお気に入りの様子だったけど (^_-)-☆

孫ちゃんのハシャギっ振りに助けられた。。。

母など「いい男になったねぇ~」と息子を至極見直した様子。

でしょ~? でしょ~? ハンサムなのだよ。。。昔から言ってるのに やっとわかったか!

そして「彼女のことをず~っと見てたけど いい子だね」という感想。

娘はいつになく バッチリお化粧をしておしゃれな感じで来たし

彼女は地味な感じだけど センスのいい今風の感じだったので

母はそういうふたりの「立場」を意識した様子も気に入ったようだ。


わたし・・・・? 疲れたよ~ でも 今日は心地いい。。。。

支度している間は ずっと神経的なもので腹痛。。。

90才 30代 2才半が全員 満足できる食卓とは どーしたらいい?って

ずっと考えていたから。。。。

どーなることかと心配したけど 和やかな食事になって ほ~~~~っとした。

ずっと以前に「嫁さんにはかぁちゃんに気に入ってもらえる人にする」と

まるでマザコン的(本当は違うけど)発言をしていたのが気になっていたけれど

「お腹減ってるよ~」と ふたりの食べっぷりのいいことも気に入ったよ。

今日はいい日だったなぁ~ 幸せ・・・・だなぁ!

息子が彼女と目配せしているのを垣間見て・・・・ ちょっと悔しいけど

そういう人とめぐり合えた息子を ただ ただ 応援しようと決めた。




上を向いて 
上を向いて歩こう/坂本九

永六輔作詞
中村八大作曲



 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 思い出す春の日 一人ぼっちの夜

 上を向いて歩こう
 にじんだ星をかぞえて
 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜

 幸せは 雲の上に
 幸せは 空の上に

 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

 思い出す秋の日 一人ぼっちの夜

 悲しみは 星のかげに
 悲しみは 月のかげに

 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

 一人ぼっちの夜
 一人ぼっちの夜



あの頃「六八九」コンビ(トリオ?)で作られた曲。

なぜ・・・未だに歌い継がれるのか・・・・と 考えていたもので

生であの時代を歩いてきたわたしだけれど 今頃になって なんとなく分かってきた。

歌を作った永さんの話を読んだ事もあったけど 忘れた。

わたし的には いつだって 人は一人なんだって 今になってわかる。

どんなにあがいたって ひとりは一人 仕方ないんだよね。


「ならぬものはならぬのです」って そんなのもいいけど

「カラスなぜ鳴くの? カラスの勝手でしょ」というのもいいと思えるようになった。

あの頃はドリフを悪影響と 嫌っていたけれど。。。

今日 建物の中を自転車を押して歩いていたおばさん。

「わたしの前を塞ぐんじゃない!」と大声で言っていた。

たしかにおかしいんだよね・・・ その人。

でも それは心からの本音。

以前 くも膜下を発症するまで 綺麗好きで上品だった人の性格が真逆になった人もいた。

上品と言う仮面で隠していた部分を 隠しきれなくなったときに出るその人自身。

そんな人の生き様を愁う時 自分の明日さえまったく分からないのだと 恐ろしい。

わからない事は この先も分からないのだから それもまた仕方のないことだよね。

う~~~ん なにが言いたいのか分からなくなってきたのも確かなんだわ。。。

酔ってるのかな・・・?


九ちゃんが歌ったから この歌の悲しさも 希望に向う歌のように聞こえるんだね。


元夫はお酒をあまり飲めないのだけど

「もし 自分がお酒の飲める体質だったら・・・どうだったろう」と言った。

わたしはそれほど飲んだ経験がなく 飲みたいとも思わないけれど

見る人が見ると 結構飲んでいるようで・・・ (^^ゞ

だから なんだと言うんだけど。。。 あはは

また 話しが分からなくなってきた。。。。

つまり 元夫は飲んだくれたい気分の生活だという事らしいが

お酒飲んで解決できるなら 飲めばいいじゃん! と 元妻は思うのです。

とことんやってみろ!ということですね。。。

人生なんて結局ひとりでがんばるっきゃないんですよ。

幸せにしたい人がいるのなら その人の為に もっとがんばれっちゅーことです。

一人ぼっちなんだよ。。。しょせん。

だけど 誰もが淋しくて 誰かと愛し合いたいと思っているのも確かで

それをどうにかして伝えたいとも思っているものなんです。

なかなか うまく行かないけれどね。。。

ひとり相撲取ってる気分にもなるけど

だけど・・・・・ がんばらなくっちゃならんのです!


うわぁっ もう少し飲みたい気分なり (^_-)-☆ 




やしきたかじん 

   「想い出よりこの瞬間」 やしきたかじん


       時代の風は気ままに変わる

       夢の行方もわからない

       それでもあなた 好きよ

       このまま不器用な愛の形でも

       嘘なら見破れるけど

       黙って聞いてあげる            

       よろこび 1秒

       それで救われる 女は・・・・

       思い出よりこの瞬間

       あなたの背中を抱きしめる


           by 来生たかお&来生えつこ


やしきたかじんさんが食道がんのあと ハワイで静養中とのニュースを見ました。

名前だけは以前から知っていましたが 来生さんの提供曲を歌っていられるのは

最近になってしり。聞いたところ なかなか好きな歌い方。。。

わたしも出来るなら1ヶ月ほど 母と一緒でもいいからハワイに行きたくて~!

あの自然の中で動き回れるのは あと5~6年のうちだと思うから。

思いっきりハワイを味わいたいの。 それには 少しの英会話も出来るようになりたい。

どうして こんなに行きたいのか・・・・ 自分でも分からない。

どちらかと言うと 天邪鬼にメジャーを避ける性格なのでね。

ストレートにハワイ! と言うのが 自分でもちょっと恥ずかしい。。。けど 行きたい!

そりゃ~ね 世界中で行きたいところはたっくさんあれども ですよ。

あれども・・・・の中から選ぶとしても ハワイでノンビリを選ぶわね。

ただの観光旅行ではなくて 居座っちゃう感じで過ごしたいから。


それにしても あんなにげんきだった たかじんさん 早く良くなって下さいね。

50代後半から 60代って 身体の曲がり角なのかしら?

心と身体のバランスも悪くなって 生き直すにはちょうどいいお年かも。

そうやった“元気”になって 乗り越えましょうね。





おはよ~! 
昨夜は計画変更してしまったけど 雪じゃなかったです~ (>_<)

雪が積もって バス停で1時間以上も待った先日の経験上

もしかして雪? と聞くと 帰りの足を心配してしまって。。。。

東京地方 まだ雪が残る道があり 雪かきしてない道は まだ怖いんですよ。


まだ1月なのに 気が焦っているので 早く医療費のまとめをしたい。

それから 今年は家計簿をつける予定だったのに まだ1ページも書いていない。

それも実行し始めなくては。。。。。

思うことは思うのだけど 本来三日坊主のわたしが続けるのは もぉ~ 大変!


孫ちゃんは 予防接種のおかげか インフルエンザにかかったものの症状が軽く

元気だそうです。。。。。が 木曜までは自宅から出ないそうで。

こういうときに 預かれるばぁばだったら良かったのにね。

なんとも子供たちを助ける事が少なくて はがゆいです。

でも 今は育児休暇が取れる時代なので 安心していられます。。。

 




ご褒美と「さよならのエチュード」 
去年の来生さんのクリコンの時 今日の記念に・・・・と言って

素敵なキラキラの「指輪を買って来たの」と見せてくれた 来生さんファンの方がいました。

それが心のどこかに引っかかっていたのかもしれなくて

「自分へのご褒美」と「これからの自分へ がんばれ」の意味で

今日 指輪を衝動買いしました。。。 今年は“キンキラキンの金”と決めていたので

ちょっと素敵なデザインのさりげないゴールドのキラキラです。

若い頃は“キンキラキン”が嫌いで いぶした感じのゴールド好みでしたが

年と共に 光り物が好きになりました~ (^^ゞ

指がピーク時よりも2サイズ小さくなっていたのでお直しを頼みました。

ところが 思いなおして 中指にはめようと さっき電話しました。

わたしはもうシングルなんだから 新しい指輪は中指サイズに・・・なんちゃって言い訳で

ほんとうは・・・・ きっと また 太くなるんだわ・・・ と 思ってなのです。

(^_-)-☆ キープしましょうね 今のサイズを!

だけど 指輪って しなくなるとしなくてもいいものなのね。




「さよならのエチュード」 By 来生たかお

  帰らない すぎる日
  よぎる日 遠い日
  淋しくないと言えば 嘘になるでしょう

  さよならは 優しく言いましょう
  なにもかも 忘れて
  裏切らないのは 季節だけね
  春は めぐる
  あなたが残した スケッチの
  旅に出た日の海が
  力強く 語りかける
  悔しいけれど そっと破るわ

  こみあげる 涙のひとしずく
  てのひらで 受け止め
  くちびるで 触れて
  想い出さえ 溶かしましょう
  あなたが残した なぐり書き
  くせのある 書き方で
  並ぶ文字が 眼に痛くて
  悔しいから そっと破るわ

  さよならは 優しく言いましょう
  何もかも 忘れて
  裏切らないのは 季節だけね
  春はめぐる
  あなたの行方は 聞かないで
  私も旅に出るわ
  誰もいない 部屋にあてて
  絵葉書でも 書いて破るわ

         詩 来生えつこ



..