FC2ブログ
 
眠りたくない夜 
なんとなく疲れを残しつ 今日一日はせめて穏やかに過ごしたかった。

天井裏にネズミが子供を産んですぐ ネズミ捕りに捉まって

生まれたての赤ちゃんも死んでいたという 悲惨な現実。見た。

古くて大きな家だから どこからでも入るし

人が暖房をつけて居心地がいい場所は そういう動物にも居心地が良いわけです。

姉はギャーギャー騒ぐだけで 一銭も出さずに どうししたらいいのよ なんて

甥っ子(長男)に聞くばかり。。。。

ねぇ 親なんだから それに そのくらい自分のお金を出したら・・・・どう?

と わたしは思うのです。

いくら「大きな金のなる木の下で暮らしていてても」です。

自分の暮らす場所は 自分で考えて 人を当てにしないでやってみな!

自分の身の回りに使うのではなくて 住まいにも自分のお金をかけなさい!

と 甥っ子夫婦はいっているのだね。

オニババさまがお世話になった施設に残ったお金を寄付するそうだけど。。。

あああ・・ 余ったお金がどのくらいか知らないけど 

全額はしないで 少し葬儀に掛かったんだから 甥っ子にあげれば・・・・

ともオバサンは思うのですよ。

甥っ子(次男)は まるで自分の住んでいる所は まだ親のうち気分でいる

そして自分には関係なさそうな言い方。

お給料貰っているんだから・・・・自分の部屋くらいはリフォームできるだろう!

今回は甥っ子(長男)を応援したくなった。

金持ちほどケチなのだと 納得する場面が多々あったよん。困ったもんだわ。

わたしがひとりになったら・・・・・ もっと駅の近くの小さなマンションでも買うわ。

年寄りの一人暮らしには 広いところはいらないし。

日の当たる窓の大きなリビングと 寝る部屋があれば 台所は小さくていいわ。

そろそろ老後のことを考えて 服を買ったり 必要品のストックをしないとね。

いよいよとなったら それらを処分しながら生活をシンプルにしていく。

今はそれの前の段階で 今を楽しむ事! 




疲れました~~~ 
足も腰も疲れきったのか 地下鉄の階段の上り下りがきつかった~!

今は 歩くのもいや。。。。

たった二日間の“暴飲暴食”で身体が重くなったのか。。。。

それよりも 動き過ぎだと思いたい わたしなのだけど (^^ゞ

車で行って 飲んだので 帰りは徒歩 しかし もっと歩かねばいけません!


女が何人か集まると 必ず年の話になるね。

前回の法事から 新しいお料理屋さんの仕出しを頼んだのだけれど

らしからぬ おしゃれな名前なので聞いてみると

お父さんの名前の頭文字と & 息子ふたりのブラザースだそうで

前回から引き続き すべてを仕切った人は弟の方で32才だという。。。。

「えええぇぇぇ~~~~! もう少し上かと思ったよ」と配膳さん5人とわたしが同時に。

男性は若いときは年上に見えたほうがしっかりしているという見方をされてる証拠で

年をとってから若く見えるのは 自己管理をしている証拠だと思うのです。

っで 女性はどうなのでしょうか・・・・ 

うっかり言えない話題ではあるのですが 感じたより若く言っておいたほうが無難。

見え見えのお世辞でも嬉しいものです。


オニババさまの葬儀も無事に終わりました。

最後にお花を入れるとき 何年ぶりかで顔を見たのですが

わたしの知っている面影はなく 痩せていて 

ほんの一瞬ウルッとしました。 

 
さぁ~て 今夜はもう おやすみなさい です。 疲れましたですっ!!!



 
今日は寒い一日。

都心では雪が風に舞って 雪が止んだのは午後になってから

夕方からはもっと寒く 開け放った本堂にはお焼香の火花が飛ぶほど。

オニババさまの最後の抵抗か・・・・ なんて思ってしまった。

ビニールテントを張り巡らした参道でも 冷たい風は容赦ないもの。

明日は火葬場から帰るとすぐ初七日のお経が始まるので

わたしは留守番で 本堂の配置を支持するお役を仰せつかった。。。

先日の法事の時もそうだったけど 今回もまた駆け回るのかな・・・・・

オニババさまに一度は追い出されたわたしが こうしているのは

よほどの縁の深さなのだと 思うのです。


これが終わったら 税金控除のことしなくちゃ!

去年の控除はやりがいがありそう!なんです。。。


葬儀 
オニババさまが亡くなってから10日目 今日・明日は葬儀になる。

薄紫の柔らかい色合いの祭壇は甥っ子(長男)が決めた。

オニババさまの遺影は“知る人ぞ知る”人柄を隠すようなやさしい笑顔だ。

「こんな写真良くあったね~」

「こんな顔 見たことないよ」 などなど 言われ (>_<)

姉とオニババさまの娘になる姉の義姉はふたりで

オニババさまが毎日克明に書いていた日記を棺に納めた。

「触るのも嫌」なのだそうだ。

「あれもこれも みんな燃やしてしまいたい」そうだ。

そう言われるだけのことをしていた人なのだから 仕方ないけれど

言いたい放題も盛り上がり \(◎o◎)/!

わたしは側で聞きながら“お口チャック!”で ガマン ガマン!

異常者か病気か性格か分からないグレイゾーン 10人にひとりはいるというのだから

世の中は恐ろしいものだと思う。

オニババさまの抑圧された“なにか”が 放出されないまま100才までの原動力。

その満たされない“なにか”が 言葉の刃になっていたのだろう。

力を持つ人が そんな“暴言” 聞いたら普通の人なら オメメまん丸!だ。

言い返すことも出来ないんじゃないかな・・・? 多分。

言われないように 逃げ回るしか思いつかなかったよ。

だけど そんなオニババさまの攻撃も 今思えば“笑い話”

とんでもない“ひと”もいるもんだねぇぇ~~~ なんてね。

だけど 被害者は立ち直れないまま きっと後遺症が残るんだろうね。




人生って 誰が決めているんだろう。。。。

わたしは行く先で 良い人たちと出会うけれど

ただひとりの例外のオニババさま。

とにかく オニババさまの二日間の葬儀が始まる。。。

やっと 姉も解放される。。。悪夢のような43年間から。 多分。。。。



白バイ 
今朝の通勤途中 最後の角を曲がったら白バイが見えたの。

そこはいつも白バイがユーターンして行く道だから なんとも思わなかったけど

なんと狭い道をふさぐような形で停まってるの。。。。

えぇ~~~っ (>_<)  わたし・・・ なんかやった?

なんて ちょっとドギマギしながら行ったら

まだ動かないのね。。。 その白バイ。

悪いことしていなくても パトカーや白バイは苦手なのに

一瞬で今の“白バイから見える範囲”で わたし なんか 悪かった?と

頭の中って すごいピードで回転して・・・・ オッケーと出たのに

その白バイったら わたしに「停まれ」のサインを出す!

むむむぅぅぅ~~~~って わたし いきなりの戦闘態勢!

「なんですか?」って わたし

「事故がありまして・・・・ ひとつ向こうの道から迂回してください」ですって。

な~~~~に~~~~? じ~~~~~こ~~~~~?

っで この急いでる時間に迂回だと~~~~~ (^_-)

なんちゅーか 勢いをそがれて わたしも強気だよなぁ~~~

「ということは・・・・ どういうことですか?」

だってね 右折か 左折か 通過か で 違うわけでしょ?

「通過が出来ません」ということなので 仕方ない。。。。。

白バイの警官だって 出せるじゃん あんなやさしい声 なんだわね。

偉そうに! 過去にわたしを捉まえた白バイ! 

それよりも 今の自転車にも交通ルールを教えるか 免許制にして欲しい。

罰則 罰金はあるらしいけど けっこうひどいんですよ。今時の自転車!

知ってるのかな? 並列走行禁止とか 右側通行禁止とか。。。。。

たとえば、同じ信号無視でも普通乗用車なら9000円の反則金で済むけれど

自転車になると「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」

しかも前科が付くんですよ。

信号無視って すごく見かけるんだけど。 教えてあげて欲しいな。 


..