FC2ブログ
 
おおぉ~っと 
一日の経つのは早いもので あ~~~~~~っと言う間っ!

朝 仕事場に行くと“オニババ”さまにお線香をあげさせてもらい。

今日は法事が3件。。。 その他にオニババさま関係の出入りがあり

甥っ子(長男)は 法縁先(地域とか親族的寺関係)に電話。

甥っ子(次男)が法事

わたしはその間をチョロチョロ (^◇^)  姉はもっとチョロチョロ。

お嫁さんはドッデ~~~~ンと構えてかな・・・?

必要とされることが一日中あるというのは ある意味 “幸せ”なことだよね。

年を重ねたから気がつくこともあり 他人ではないからこその動きが出来る。

動いているほうが体調も良くて 気を配る事ができた時のガッツポーズなど

テレビドラマで葬儀社が舞台のサスペンスがあるでしょ?

葬儀社が大きな葬儀の依頼を取るのの大変さが良く分かるドラマで面白いの。

だもんで・・・・3回忌に続いて 葬儀を頼んだ葬儀社の社長さん 一生懸命。が 分かる気がする。


これほど普通じゃない環境も そうないんじゃないかと思うし

“普通って なに?”と普通が分からなくなる場所でもある。

とりあえず 葬儀まで10日ほどあるけれど 忙しい。

“オニババ”さまは 常識内で考えも及ばない・・・・・“超オニババ”だった。

姉とわたしとお嫁さんと3人で 涙を流しながらの笑い話になるほどのエピソードあり。

どこで学んだかわからない暴言の数々は 今 思えば 笑えるんだね。


昨日はリューメイさんのライブで拍手するのを控えたわりには・・・したのかな?

久しぶりにお手手に皮下出血あり。。。まったく柔な身体なのです。。。

だけど“生きてるうちが華~だから”楽しい事みつけましょうね!

ぜひ いろいろお誘い下さい。

歌手は来生さん 役者は憲ちゃん それは揺るぎませんがっ!  (^_^)v 




こんな日も 
リューメイさんのライブに行ってきました。

リューメイさんは来生さんのゲストギタリストもしているシンガーソングライター。


待ち合わせの場所で合流した途端 

姉の姑(100才)が亡くなったという母からの知らせ。

そろそろダメみたいという様子は知っていたけれど 

9日かも と 思っていた予感が的中。

ひょっとしたら母の方がショックを受けているかもしれないと思ったりもしたけど

ライブは最後まで楽しんでしまった。 (^^ゞ 

演奏後 リューメイさんがわたしたちのテーブルで話し込んでくれたので

もっと沢山話したい大ファンの人たちに「悪いな~」と ちょっとだけ 思った。

ギタリストの指を見せてくださいと言ったら 出してくれたので触っちゃった。。。

すんごいオマケもらった感じでしょ?

来生さんから始まった小さな出逢いが 大きくなって 

出逢えるはずのない出逢いが また違う出逢いを呼んできて 今日みたいな日になった。

みんな若いんだよ~ (^_-)-☆

ひとりで平均年齢上げてたみたいだった。。。 あはは


生の演奏は気持ちがいいね。

だけど リューメイさんがすごく好きになったとかではないのね。

好きになるということは 心の中にある“糸”のひとつが

ある日突然 微妙に震えて 勝手に動き出すものなんだわね。


それにしても また 忙しくなるわ~

オババさまの葬儀はいつになったのかしら?



今日の映画 
「96時間」見ました。 リーアム・ニーソン主演のアクション映画。

17歳になったばかりのキムが、
友だちと初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。
まさに誘拐される瞬間にキムと携帯電話で話していた父親のブライアンは、
自らの手で犯人たちを地獄の果てまで追い詰め、娘を奪還しようと決意し、
単身パリに乗り込む。誘拐犯はアルバニア系の人身売買組織だと判明。
政府の秘密工作員として活動してきた経験を生かし、単独で捜査を開始する。

面白かったよ。。。アクション映画も先が読めると安心していられるから。

という2008年の制作映画なんだけど 2012年にその続編も作られているのね。

リーアム・ニーソンは1993年「シンドラーのリスト」が有名ね。

だけど 1991年にわたしの好きな映画ベスト中の

「嵐の中で輝いて」マイケル・ダグラス、メラニー・グリフィス主演映画にも

出演しているのね。。。。

そして2010年には 「特攻野郎Aチーム」のハンニバルもやってる。

このハンニバルの役はずっとわたしの大好きなジョージ・ペパードがやってたものなの。

ジョージ・ペパードは「ティファニーで朝食を」でオードリーの相手役だった人。

もう1994年に65才で亡くなってるけどね。。。。

65才なんて ねぇ そう遠くない年なんだわ~ イヤになるわねぇ (+_+)

そっかぁ~ いろんな映画にいろんな俳優さんが出ているんだけど覚えきれなくなってる。

昔はね・・・・・一度見れば覚えたものだったけど。。。

年はとりたくないもんだわ。。。。 と言いながら 

明日はちょっとライブハウスに行ってきます。

来生さん繋がりで 若い人に混じってどんな所か楽しんできます。

ガンガンビンビン音が鳴り響くのでしょうか・・・・? 心配です。

その後 ミュージシャンの人ともおしゃべりが出来るそうで

これまた初体験です。。。。

前に話したじゃん!と誘われたもので こういうのも嬉しいです。

今年の目標“楽しみ探し” そろそろ開始です!!!




「イングリッシュ・ペーシェント」 
またまた途中から見た映画です。

題名は知っていたけれど 初めて見たものだわ。

知ってる気でいたら 違う内容だったという感じでいました。

ずいぶん長い映画で・・・・ 内容は 書きません。

良かったのか そうでもなかったのかも わかりません。

こういう映画は苦手な方ですが 見てしまいます。

同じ時間頃にやっていた セガールのよりは良いかなと思ったけど。

って いつもいい加減です (>_<) 


というのは・・・ 自分の身体のメンテナンスに行って来たお医者さんに

「最近 整体に行っているので 頭痛がありません」と言ってきたら 頭痛です。

映画を真剣に見ると だいたい頭痛になるの。

変な時間にクスリを飲んだので 胃も不調だし 眠れないし

「風邪引きません」とか 言い切った途端に風邪引いたりも 良くします。

だから なるべく自分は丈夫だと思わないようにしているの。


パソコンでの調べ物も夢中になると頭痛になります。

目が疲れるのか 首筋が凝るのか 同じ姿勢のまま固まっているのでしょうか。


“若いときゃ2度ない ドンとやれ”って昔 水前寺清子が歌ってたっけ?

ほんと! 若いときって大事だったのね。。。

でも 人ってみんなそうかな? 好きな事は好きなんだから仕方なくて

嫌いな事をしろと言われても そうそうやれるもんじゃないのね。

苦労とか 言いなりになるとか 無理 無理 無理だわ~

好きな事をず~~~~っと出来たら 今が幸せ状態でずっとね。

あ~~~ わかっちゃいるけど 頭痛には勝てません。。。

だから 今夜のテーマは なに? と言われそうですが・・・・ 今夜は もうおしまい!




びっくりびっくり 
ほんと何気無くつけて見ていたのは 最後の30分くらい。

「20世紀少年 第2章」 浦沢直樹原作

ずっと前に この映画は見たことがあって 内容は興味があったわりに

観たら そうでもなかった映画のひとつなんだけど。。。

その映画の中での“ともだち”が殺されて 全世界が哀しんでいる場面になって

ブラハルム国連事務総長が献花をする場面。。。。

あ~~~~っと思ったのは この俳優さんスティーブ・マックィーンそっくり!

彼を知らない人はいないと思うけれど  なんてたってそっくりなものだから

映画最後の字幕をジーーーッと見ていたら フレッド・マックィーンと出ていた。

これだぁ~~~! と思って調べてみると。。。良く分からないこともあるけど

どーやら息子であるらしく 日本の映画にも出演しているらしい。


わたしはマックィーンのテレビドラマ「拳銃無宿」から見ていて(古っ!)

映画は『荒野の七人』『大脱走』『砲艦サンパブロ』『ブリット』

『ゲッタウェイ』『パピヨン』『タワーリング・インフェルノ』『ハンター』

有名どころ全部 観ているんだわ。。。

だけど あまり好きなタイプではなかったみたい。

前妻のニール・アダムスとの幸せそうな家族写真を見ていたせいか

再婚した アリ・マッグローがどーも好きではなかったなぁ。。。

50才で亡くなった原因を作ったのは「ネバダスミス」のロケ地だと思っていたし

アスベストが原因の中皮腫で亡くなったとは 覚えてなかった。。。

彼の後半はあまり興味深く見ていなかったから・・・・だけど

あまりそっくりでマックィーンがお父さんだったとは 驚き!

日本の映画もたまに観ると 思いがけない発見があるのだわね。。。



..