FC2ブログ
 
12月19日 夜 
今日は甥っ子の子“はるちゃん”のお誕生会をしました。

ケータリングのお寿司屋さんが来て テーブル設定から オードブルなどご馳走と

実際にその場所で握ってくれるお寿司は特別に美味しかったよ。

甥っ子の友達が子連れで来たり 甥っ子の従妹も子連れで来たり

2才のはるちゃんと 1才4か月とやっと1才の 女の子が3人。。。。

とんでもなく賑やかな時間を過ごして・・・・・ クタクタ (+o+)

だけど 久しぶりに子供たち相手に我を忘れて おまけにご馳走と午後中のヨッパとで

ストレス発散できたぁ~~~~! 


っで 明日はいよいよ来生さんですね~~~


母も食欲と元気がなくなっていたので 二日間点滴を受けて 

手術もリンパの転移がなければ 悪い出来物だけを切り取ってもらって

リンパを取る手術はしないように先生に話すと言うことと 

入院日には甥っ子の車で送ってくれることになり やっと少し元気になった。

入院中の薬の準備をひとりでコツコツやっているのが疲れると言うし

それでも自分でやらないと気が済まないと言うし

わたしは黙って 母の気の済むように傍で手伝ってる。。。。

毎日 ひとつずつ片づけてきて やっとここまで来た。。。。

なので 明日は来生さんに癒していただきましょう。

ファンレターを書く気持ちにはなれなくて 今回はパス。

それにしても雨ですね。。。 明日も寒いのかな。。。


来生さんに逢った後は 孫ちゃんに逢いに行きましょう。

早目のクリスマスプレゼントも渡したいしね。

そして その後は母の手術へと続きます。。。。

まだまだ がんばらにゃぁなりませぬ!!!




12月18日 夜 
冷たい雨が降り始めて 雪になるかと心配した。

だけど今のところ大丈夫みたいね。

腰の不調が続くので 今日も接骨医に行って来た、

丁寧に施術してくれるのは 全部手でやってくれるのね。

整形外科では 機械とか なんとかという光を当てたり ピクピク電気で刺激したりだけど

やはり手で伸ばしたり指圧のようにしてもらうのは気持ちがいい。

悪い場所は押しても 飛び上るほど(ではないけれど)痛い。

ひっ!とか 声を出すと 他の人はガマンしてるみたいで

「いいんですよ 分かりやすいから」とか 先生は言ってくれるけれど

ちょっとガマンしたりもしたよ。 

おかげさまで 大分楽になっている。。。


杉本哲太、古田新太W主演で1月13日(月)夜8時

わたしの大好きな今野敏の警察小説『隠蔽捜査』ドラマ化が始まる。

キャストがね・・・・・・ 違うのよ。。。。 ガッカリしてるの!

見ようか 見まいか どーしましょう????????

1月9日(木)夜10時からは 「医龍 4」は始まるのね。。。

わたし的にはおおおぉぉぉぉ~~~~~!と 大歓声を上げたくなるような新年の幕開けだ。

だけど 「隠蔽捜査」がね。。。。 違うイメージはイヤだな。

杉本哲太自体は嫌いじゃないけれど あのしゃべり方は竜崎伸也じゃないもの!

ダメだよ~~~~!!! 絶対にダメだよ~~~~!

2時間ドラマで 以前 柳葉敏郎と陣内孝則の役柄が逆なら 許せたかな?

というのがあったけれど・・・・・ 


今は やはり今野敏著作「奏者水滸伝」シリーズを読み返しているところ。

当分 わたしの今野敏ブームは去らないから その中でピカイチの「隠蔽捜査」。

主人公 竜崎はあの人!がピッタリなんだけどな。。。。 (^_-)-☆ 俳優じゃないし。。。


明後日は来生さんのクリコン!!!!

うれしくて 笑いが止まらない。。。。。



12月17日 夜 



夕方の空 あっという間に暗くなってしまったよ。

帰り道 雲の間に隠れていた月が 帰り着いた頃 空を真ん丸にあけて覗いてた。

クリックして画像を大きくして見てね。ちょっと上手かなぁ~ 幻想的かなぁ~ と 自惚れてます。


今日も午前中は母を眼科へ連れて行く。 入院前はなにかと忙しいね。

午後は前からの予約で美容院へ。

それから 母のカーディガンとか小物入れとか買って 帰る。

いざ 母の手伝いをしてみると古いものを着ているのに気付く。

着るものは姉が時々 差し入れているので安心していたら そうでもないみたい。

肌着やら 普段着やら 気になり始めると 気になるのね。

姉が買うのは高級品だけどサイズが小さいなどと言うし。。。。

わたしが買えるのは安物ばかりだけど 何気なく着てもらえそうだ。。。

帰ると 母が一人でお風呂に入っていた。

「あ~良かった 入れたんだ」と思ったのも つかの間。

「気持ちが悪くて 吐きそうだ」と言う 「やっと 入ったんだよ」とも言う。

一気に 安心した気分から 暗転する。

お酒・・・・ 今夜は母が出てくるのを待ちながら 飲みすぎた。。。。 



毎日 月を見るね・・・・ と 書いたっけね。

あの人の見る今夜の月はどんなふうかな・・・? なんて 思った。

今頃 どの辺りかな・・? とも 思った。

離れてからまだ1ヶ月も経ってないのに 春まで長いよ~

1ヶ月くらい逢わなくても いつもは平気なのにね。

ひとりだって平気だ! と 思ってたから 今も平気だけどね。

夢を叶えてるあなたが すごく素敵だと思ってる。

わたしもいつか夢を叶えられるかな?

ひとりでも叶えたい夢があるのかな? 考えねば・・・・・ (*^▽^*)




12月16日 夜 
今夜は柔らかめに炊いたご飯と トン汁風だけど 肉なしのを作りました。

母の食欲はなくても 野菜はたくさん食べて欲しいからです。

姉に「母 点滴中」とメールを入れると 夕方  カステラとつまみを持ってやってきました。

「行ったらいい? どっちがいい?」と聞かれても困るんだわ。

気持ち次第で 来たければ来る 心配なら来る 先のことは分からないけど

そうやって 誰でも気軽に来てほしいわたしら親子なんだよね。ほんとは。

そりゃぁ 掃除も行き届かないし 姉の家みたいに 来客用の“良いもの”もないし

そこら辺に座って 好きなようにして~と まるで田舎風の付き合いが好きなの。

我が家では昔から病気をしたら“りんご”と“カステラ”を食べてました。

父が会社帰りに必ず カステラを買ってきたのです。

だから 母もカステラを食べれば 元気が出ると信じてる。


母は昼頃1時間半もかけて「点滴」を受けて もちろんわたしは付き添い。

いつもしてもらっている方は 感謝の気持ちってあるのかな? といつも思う。

雑なんだよね。親子だし 次に言うことが分かっているから ついぞんざいになる。

母は姉に似て お体裁やさん。わたしはその真逆。

だけど最近は いろいろあり過ぎるので 自分本来の姿で行こうと思うようになった。

気取ってたって いいことがあるわけでもなし

気取った付き合いなんぞやりたくもないのだから 仕方がない。


このところの母の無気力状態 食欲不振状態を よ~~~~く見るに。

手術への恐れと先の不安によるストレス。

姉もわたしも父も 大手術を乗り越えてきた達人だよ (-。-)y-゜゜゜

命に係わる手術は 母はまだしていなかったから 今回が初デビュー。

背中の悪性黒色腫という皮膚に出来た一種の癌なのだけど

予防にリンパの検査をして 取り除こうと言うものだ。

そうだったはずなんだけど いろいろ考えて

とりあえず今回は腫瘍だけど切り取ってもらい リンパの転移が見られない場合は

リンパの削除はおこなわないでほしい旨 伝えようと思う。

かなり深いリンパを局所麻酔で取ることに 母が耐えられるかどうか?

説明された時は 治そうと言う一心で出来ます!と言ってしまったけれど

落ち着いてくると そのことへの恐れが精神的に大きなストレスになって

今のような変調となっているのだとしたら・・・・・

大がかりな手術をしても その後 今でもやっとの身体がこれ以上の負担は

とても生きる希望も奪ってしまいそうな気がするのだ。

わたしたちも出来たら 寝たきりになって欲しくない。

転移したら それはその時のことにしようと 話した。

高齢の母だ。転移だって遅れるかもしれないから 

その間にまだまだやりたいことが出来るかもしれないのだ。

今夜 姉と母と3人で まず病院に行ったら その話をしようと決めた!

だから今週は目一杯忙しいのだよ!

さぁ~~~って がんばらなくっちゃ!!!ね~~~ (>_<)


しばらくは 母の経過報告調になっていますが ごめんなさい。 m(__)m




大変なこと 
朝から母を病院へ連れて行き 母は自分から「元気になる点滴希望」

食欲の無いのや 胃の不快感 喉の詰まった感じ

それに気分が落ち込むのは 来週の入院・手術への不安と

その病院が遠いからという不安があるからだと思う。

先生もそのようだと わたしに目くばせする。

若ければ そういう不安も打ち消して 治るのだと思えるけれど

91才ともなれば自分の体力の不安もあり 足腰の衰えや

人から聞きこむ情報を信じ込むクセがあるので

わたしが言っていることは まったく信じようとしないから わたしも黙ってしまう。

説明すると面白くないのか 母も黙ってしまう。

そのくせ 人がこう言った ああ言ってると 言うのだから しょうがない。

なるようにしかならないのだから しょうがない。

病に戦いを挑むか 負けると諦めるか 病と仲良く暮らせるか

なったら、それ以上の望みは持たない。

わたしは病と仲良く暮らしていくことを希望しているよ。

そして「尊厳死を実行してもらう」ことを望んでいる。




..