FC2ブログ
 
朝から 
今日は朝からずっと眠かったので なんにもしないと決めてしまった。

ただ ご飯の支度だけはしたけれど・・・・ あ・・・ 洗濯もしたけれど 

それ以外には目をつむった。

そして 母と話す言葉もなく 母から見れば 多分 不機嫌そうに見えたかも。

母の何気なさを装った「やってくれ」という合図にも 気が付かない振りをした。

無気力って こういうことを言うのだと思ったけれど

ブログを書くこと以外には力が湧いてこない。。。。

「昨日 遅かったからだよ」と母が言った。 確かにそうかもしれないけど 

こんな日があってもいいじゃん。


そして早寝をしたら こんな時間に目が覚めている。

変な夢を見たから 起きてしまった。

母が荷物をまとめて出て行こうとしてるの。。。理由を聞きと ここが嫌だと言う。

そして 最終的に小さくなって言う事には「お前といるのが嫌だ」と言った。

姉はそばで 理屈ばかり言ってる。

今日一日 黙ってしたことが潜在意識として残り 申し訳ない気持ちが夢になったようだ。

せっかくの休みの日だもの 楽しく会話して 一緒に何かをすれば良かったと

その時も 寝る時にも思ったことが そんな形で出るものなのかな。

でもね まったく笑うことも出来ない日があっても仕方ないと 思うけど

母にしてみれば 気を使って わたしがいるのに寂しかったのかもしれない。

今度 母の様子を心療内科へ行って話すのだけど

母の方が普通で わたしの方がおかしくなっているような気がしてきた。。。。


さぁ もう一度寝なおししましょう。。。。

今日は昼間 「大奥」が男女逆転している映画を 続けて見た。

女って 結局 哀しいね。。。 なんて 思ったりしながら。。。。




写真集 
先日 素敵な写真集を買った。

ニューヨークで出逢った素敵なお年寄り(おばあちゃん)たちの写真集だ。

最近 ほんと 日々鏡を見るたび ガッカリするわたしだけど

どんなに 年を取って変化していこうと そんなことを悲しがるのは止めようと思える写真集だ。

わたしは「自己管理が出来ていなくて 誘惑には負けてしまう」性格だと思う。

だけど このままそんな自分を〝野放し〟にしてたら ダメ! と 教えてくれる。

もちろん 生活に時間的にも金銭的にも〝ゆとり〟がなければ実現は無理だけど

「体調管理」だけは しなくちゃ・・・・・・ ダメだぞ!




大きなつば広の帽子と地味だけど おしゃれ心満載のスタイルは かわいい。




シワさえもオシャレの小道具のように見える。




うれしそうな顔つき・・・・・ こんな表情がしてみたい。。。




色彩感覚なら一番好きなスタイル。 わたしに似あうなら着てみたいなぁ~

いえいえ・・・・ 似合うような自分を作っていくことが 先決問題ね。




大好きな色でコーディネート。 素敵! 素敵!


自分の好きな色合い 自分の好きなスタイルの服装で 街を歩きたいね。

先日のお施餓鬼を手伝ってくれた檀家さんの中で オシャレな人がいて

女はやっぱり〝光るものが好き〟 思い切った個性的なスタイルに思わず「かっこいい!」

と 言ってしまった。。。「やっぱり 好きなものは着ちゃうのがいいね」とも。

自分的には逢う人に合わせるように気を使っているつもりだけど

その中でも ほんとうに自分が好きなものを これからは身に着けようと思うの。

自分が気持ちが良ければ ちょっとくらい驚かれたって・・・・・ 平気になろう。。。なんてね。

色のコーディネートは 少々難しい。。。。 アクセサリーはどうにかなるにしても。。。。

まだ冬物の肌着がのさばっているタンスの引き出しにため息をつく。

これじゃぁ~~~いかんわ!

「捨てられない世代」なので さっそく通販で引き出しを購入した。

物別に分けてしまう事から始めてみましょう。

あらっ? こんなものがあったわ。。。。と 何年か前の物が 今年は似あったりするのに

去年 あんなに着ていたものが 今年はどーも感覚に合わなかったりするから 不思議だ。

流行遅れなどと言う言葉は無縁にして とりあえず 気に入ったものを着ましょう!

渋谷の街には「渋谷マジック」というのがあるらしく 誰もがそれなりのオシャレさんに見える。

時々はそんな街で「ウオッチング」してるだけでも 楽しい。


昨夜は友人とフリータイムカラオケで歌って来ました。。。。 気が付いたら夜中過ぎてて

トイレに起きた母がまた「警察に電話」をしようと心配しないように 残念ながら帰宅。

本当は朝の5時までだって平気だったのにね。。。

今できることは 今。 

それには「自己管理」が一番大切なのにね~~~ それを 頑張らねば!!!



午前様? 
この時代に「午前様」という言葉は死語に近いかな?

もちろん家で待っている人のいる場合は 午前様になるなんて〝イヤ〟かもしれないけど

たまには 時間を忘れて遊ぶのもいいよね。

遊び方にもよるし 年代にもよるけれども ですが。。。。。


ひとり熟女の午前2時の帰宅はどーなのでしょうか?

まっいいか ちょうど良い加減の〝酔い加減〟なので このまま 寝まっす!!!



オニヨメ? バカヨメ? 
オニババさまがいなくなったと思ったら 今度はオニヨメさま。。。

姉もそういう星の下に生まれてきたのだと 諦めるしかないのではないかと 我思う。

今回のことでも 走り回ってお寺のために仕事したのは姉。

それなのに 最後の〝〆〟では オニヨメさまが甥っ子に言いつけることで険悪ムード。

なんでそーなるかなぁ~? ヨメのやるべきことは 子供と遊ぶだけなのか?

「自分がやろうとしたことを お義母さんが先走ってやってしまう」などとボヤイタ(?)そうだ。

な~~~に言ってんのよ! いつもいつも な~~~~~んもしないだろがぁ~!

それなら お前が先走ってやれっ!!! だろが・・・・と 我言いたい。

今回 揃える野菜だって どーする?どーする?って 騒いで 

決めたはずのことを知らなかった顔して

間際までやらなかったのは お前だろが・・・・・

そして ヨメがやるべきことを わたしの運転する わたしの車に 3人で乗って

頼みに行ったんだろが・・・・ アホか? 「わぁ~ うれしい」などとバカ喜びして。。。。

そのくらい自分一人でやる仕事だろがっ! 何で 出来んのかい?

当日だって〝子供〟について回って 見てるだけ 

お手伝いに来てくれた檀家さんにもろくな挨拶もしない。

その後のみんなの言ってることを・・・・・ 聞かせてやりたかった。。。。

お金を握っている〝オニヨメさま〟は その時になるといないで

姉が〝オニヨメさまの陣地〟から出して 支払ったことを 甥っ子に言いつけるから

姉は「そういうことはするな」と言われ 

だったらヨメが一日中〝金の番人〟してればいいんじゃないの?

肝心のことは何もしないで 後で文句をつけるなんざ!

おめーさん いい度胸してやがるじゃねーか!!!

こんな時「極妻」のセリフなんぞ スカッと思い出せたら 気分も良いんだけど。。。。

「なめたらいかんぜよ!」なんて 睨んだりして。。。。 


オニヨメがヘラヘラ愛想をつかってても 見てる人は見てるもので 

小錦ちゃんのごとき肉体を持つオニヨメに比べて 痩せ細った甥っ子を見て

みんなの反応はいかばかりか・・・・? 

甥っ子の体調がもっと悪くなったとしたら それは 板挟みを増長させているヨメのせいだ。

ご飯の支度もしないで 毎度毎度 外で食べるなんて・・・・ いいご身分でございます。。。


やろうと思うなら・・・・ お義母さまが動いたら 嫁も一緒に動けと言うだけの話だ。。。

お義母さまが動き回って ヨメがドッッデデェェ~~~ンと座っているなんぞ 絵にもならない。


さてさて 今日はこのくらいにしてっと。。。。。

わたしは姉のグチの聞き役と オニヨメのグチの聞き役で 手一杯だぞよ。

忙しいったらありゃぁ~しない!!!!

それも 仕事のひとつだと思いましょう。。。。 いつもニコニコ。。。。。 

どこの〝嫁と姑〟とはそんなもの? 助け合ってる家もあると思うんだけど。。。。

「二人ともバカなんだよ」とは 母のセリフ。。。。 納得!


ではでは 今日も遅めの出勤で お疲れを癒しながらお仕事がんばりましょう!





うぉっ! 
風邪引いたかも・・・・ 朝起きたら喉が痛い。。。

カサカサした痛みじゃなくて 奥の方が一点集中するような痛み。。。

野菜ジュースを飲んだけど 身体もなんだか力が入らない感じ。。。。

気が緩んだのかな。。。 まだ後片付け残ってるのに・・・・・

今朝はまたスタミナたっぷりの味噌汁にしましょうか。。。。 

やる気ないけど がんばろっ!!!


先日 「蛇の抜け殻」を貰った。。。オニババさまの遺品の中にあったもの。。。

「蛇の抜け殻」はタンスの奥とか暗い場所に置くといいというので 仕舞ったっきり 

仕舞い場所を忘れていた・・・・・ 「蛇さま」 わたしのために いい仕事して下さいね。。。


身体の芯が寒いような気がする。。。 |||(-_-;)||||||どよ~ん



..