FC2ブログ
 
想い出 その1 
おはよう!!! 

軽井沢の日々の想い出を 順不同で書いてみますね。

2日目・・・・ 「浅見光彦倶楽部」へ行くのが 一番の楽しみ。

これはワザワザ〝倶楽部会員〟になった上での楽しみのひとつ。。。

ならなくて行くよりは なってから行きましょうというのが わたし的ワクワク感。

意外とこじんまりとしてそうで 広いログハウスなんだけど 

きれいなブルーのソファーが一杯置いてあって 意外な感じがしました。

先生の著作が本屋さんのように並んでいて いかに多いかに驚いたり

浅見光彦シリーズで使われた服や小道具も置いてあって 楽しめて。。。。。

その後 「浅見光彦の家」を見学。。。

お泊りが出来るので 次回は絶対泊まろうと思いながら 家の周りを一周。。。

ソアラがいかにも先生の遊び心のように「浅見 3215」のナンバー付きで置かれていたり

玄関の表札も「浅見」 中を覗いたら ちょうどお掃除中。。。。

泊まりたい願望 膨らむ 膨らむ。。。。

っで その勢いで 省略してもいいかな・・・と思っていた「軽井沢の芽衣」へ。

そこで 桃の味の紅茶を飲んでいたら 4-5人連れの人が前を通ったの。。。

何気に見ると あらららら・・・・・・あれは・・・・・・ センセ!

思わず立ち上がっているわたし。。。。 「先生!」声が出てしまいました。。。。

もう 周りは見えなくて 「ファンなんです」とか「全部読んでます」とか 自己アピールしてしまう。

お連れの方も後で見てると ファンだった人が偶然一緒だったらしいけれど。。。。

わたしったら着いて行って 「写真写していいですか?」なんて 

ツーショット写真を撮ってもらった。。。。。 感激の極み!!!

先生は穏和な感じで すごくスマートでおしゃれ。。。。

80才とは思えない若々しいダンディな印象。。。。。

ちょっとたったら わたしたちの席に来てくれて少しお話しの時間をくれた。。。。

完全に舞い上がってしまって 最近のニュースが頭の中を高速回転で思い出している。。。。

先生の小説の特徴的な部分は 先生もお気に入りのようで 嬉しそうな顔が印象的。

うわぁ~~~~ 憧れの内田康夫先生と 話したんだよ~~~!

これって 偶然? 神様か仏様からのプレゼント?

ただ うれしいのみ! これからも「くどいなぁ~」などと言いません。。。

ちゃんとこれからも読み続けます!!! ので お元気でいてください。。。

書ける限りは 書いてください。。。。


これって ボロ雑巾になるまで 歌えたら・・・・ なんてマイナーな発言より

きれいな雑巾のままでいてくれ~~~~! 来生さ~~~~ん!!!

63才でもう〝じじぃな気分〟になんかなるなよ~!

もっともっと素敵な来生さんでいて欲しいと 切に願うわたしたち。。。。

心がけ次第できっと なんども心を洗ったら 生き返ること間違いないのだよ!



おまけに母のこと。。。 ショートスティは〝天国〟だったそうです。

行き届いた職員さんや 大きなお風呂にひとりで入れてもらえて見守っていてもらえたこと。

食事が美味しかったこと。。。 次々と気配りのイベントがあったことなど。。。。。

「してやったり」という 母の武勇伝もあり。。。。 楽しかったそうなのです。

「また どこへでも行って来なさい。わたしはあそこへ行くから」と

お気に入りの場所が出来て 良かった。。。ホッとした。。。ばんざぁ~~~~い!!!

母もわたしも 満足できた日々でした。。。 



スポンサーサイト



写真集 



大賀ホールの舞台です。手前のギターの置いてある場所がリューメイさんのいた場所。

ピアノの向こうに来生さんが座って 真ん中に置いてある椅子でも3曲歌いました。




5角形のこじんまりとした会場内。。。  客席も立見席も一杯になりました。。。

響きの良いホールで 来生さんの伸び伸びとした絶好調の声が通ります。

時々リューメイさんのハモリが力強く曲を引き締めます。

今回はギターを弾く指の動きまで見えて 身体の動きも良く見えて 

来生さんのリズムを取る左足の動きは正確だぁ~なんて 

当たり前なのに 感心したりして・・・・  行って良かったよ~! 





リューメイさん! 本名は小田木隆明。。。

終わった後出待ちしてると 一番でリューメイさんが出てくるので 来生さんを待たずに

のもんさんとリューメイさんを駅まで送って行く。。。と・・・・ 

そこに3~4人の他のファンの方がいて合流。

しばし 新幹線の時間までおしゃべりしました。。。





2日目のブランチ。



暖炉のある古い別荘を利用したカフェ。。。



そして窓の外には〝軽井沢の秋〟



これは このカフェの由来。。。。ライシャワー大使の奥さまの別荘だったそうです。




室生犀星の記念館。。。 こういう古い建物を見るのが好きなので 感激します。

懐かしい四畳半という部屋の大きさ。。。。 




これは〝浅見光彦倶楽部〟の中。

会員なのでジュースのサービスもあり 美味しさと温かさを感じるお家でした。

トイレがこれまた・・・・行き届いた綺麗さでした。。。。

もちろん内田康夫(軽井沢のセンセ)の作品も ずら~~り並んで

劇中で着た衣装や 小説に由来する展示物もあり 内田作品のファンなら必見すべし!でした。




これは〝浅見光彦の家〟 光の加減で上手に撮れなくて残念。。。。

駐車場には浅見ナンバーのソアラ(光彦の愛車)も ちゃんとあって楽しませてくれる。




軽井沢の秋の色。。。 どこもかしこも紅葉の一番綺麗な時かもしれない。。。





車山から見えた富士山。この季節で初めて見えたそうで・・・ 感激!



車山に上るリフトからの風景。。。。

風が少し冷たかったけれど 空は快晴! 珍しいくらいの青空。。。。



でも ちょっと怖かった。。。。。

とりあえず 写真のアップです。。。






満喫! 
軽井沢の旅から戻りました。。。

一日目 万平ホテル(ランチ) → 大賀ホール(来生さんコンサート) → 友と飲み会

二日目 涼の音(ブランチ) → 室生犀星記念館 → テニスコート(美智子さまの) 

→ 浅見光彦倶楽部 → 浅見光彦の家 → 軽井沢の芽衣 → 別荘地探索 

     → トンボの湯 → 石の教会 → 懐古園

三日目 来美(ブランチ) → 車山高原 → 八島ヶ原湿原 


こんなコースでしたと思います。。。 詰め込み過ぎて 思い出して違っているかも。。。。

詳しい嬉しいことは また書きますね。。。 感激だらけの軽井沢!!!!!

ではでは そろそろお仕事へ行ってきます。。。。




眠れない夜・・・・ 
いろんな情報が入って来ます。

26日はマラソン大会があるので 交通規制もありそうで

コンサート後のひょっとしたら食事など食べる時間があれば

ホテルからはタクシー利用が良いかもしれないですね。

フラフラお散歩してもいいし。。。。イルミネーションも見たいし。。。。

最高の3日間を過ごすのには 最後のチャンスかもしれないと思っているわたし。

相当 中身の濃い3日間を期待しています。。。。

顔見知りの来生さんファンとの久しぶりの逢瀬の人もいたりすると

やっぱり ちょっと一杯飲みたいし。。。。盛り上がりたい!

旅支度も少し気温差の違う場所に行くのには まったく見当もつかず

寒くてもいけないし 普通でも良いかもしれないし 迷います。

冬用のダウンは 夜になって必要かも。。。

ので あるものをゴチャゴチャと詰め込みました。。。。大荷物だけど車だからいいよね。

時間がなく〝ラブレター〟も書けなくて・・・・ 来生さんとリューメイさんに書きたかったのに。

もういよいよ寝なくてはいけない時間になりまして。。。。 諦めることにしました。

感想はクリコンまでに書きましょうね。。。。

そうそうデジカメを持って行こうと探して さて充電器も探して ただいま充電中。。。


さぁいい加減に寝ましょうね。。。。

テンションアップ度 半端ないです! 




失敗 
まだ何も支度が出来てないのに いつものように夕飯で飲んでしまったこと。。。。

最近 眠くなるんだわ。。。。。 

ボタンを付け替えていたら 眠気が・・・・ あぁ~~~ まだ何もしてないのに。。。。

足りないものは どこかで買えばいいことだし・・・・ 大雑把な気分で行きましょう。 あはは。。。


だけど 古いオーブントースターが今は貴重な存在だってこと 知ってる?

今のは 使い方を勉強しないせいかもしれないけれど それは 置いといて。。。

グラタンなんか 途中で火が止まらない?

15分も点いてないでしょ? 

それが 取って置くべきなのですね。。。。 古いもの。。。。

新しいトースターはある程度の温度に達すると 電気が消えるけど

それは しっかり焼いてくれました。。。。

多分 わたしの使い方が違っているのかもしれないけれど・・・ 古い人間には古いものがいい。

使い慣れたものが どんどん新しく機種変更(?)されていくから 

電化製品が使いにくいったらありゃぁ~しない。。。。。

なんでも機能を難しくすればいいってもんじゃないでしょ?っと 思うのだけど。。。。どうかな?


今日は母が無事にショートスティ先に落ち着いているようです。。。。。が。。。。。

持って行ったものを全部調べるんですってね。。。 知らなかったぁ~。。。。。

もちろんそうだよね! 家に一人でいられないから 預かってくれる場所だもの。。。。

変なものを持って入ってて 知りませんでしたじゃ済まないものね。。。。。

いろいろごめんなさい。。。と言ったけれど。。。。 母はわたしを心配してるんだね。

「軽井沢は寒いから 暖かいのを着て行きなさい」なんて言ってくる。。。。

わたしは気持ちの半分では 束縛されない時間を楽しんでたのにね。。。。

帰りの時間を気にしないで 行きたかったお店に行って 孫ちゃんたちの手袋なんぞ買ってた。

孫ちゃんが喜ぶかなぁ~なんて アナユキのバスタオルなんか 買ってた。


これから 明日の支度をするんだけれど・・・・・ どーも 落ち着かなくて。。。。。

姉は「電話をした方が良いのね?」などと言ってくる。。。。

良いのね?じゃなくて もっと違う言い方が出来ないの?

自分から電話しようと思わないの? 行く前も電話ひとつなくて「薄情だ」と母が言ってたから・・・・・

携帯を持って行ったから 電話してあげてと わたしが頼まないといけないの?

もっと素直になってよ。。。。優しい気持ちになってよ。。。。

おかあさんを心配してあげてよ。。。。。

「あんたは楽しみで行くんだから」なんて言わないでよ。。。。 

もう 充分 悲しんでるんだから・・・・・ 




..