FC2ブログ
 
 
    「風と共に去りぬ」 By 来生たかお


   見つめて 感じて もっとそばへと寄り添って
   
   なぜだか あなたが とても遠くの人のよう


   うつつを さすらう旅人

   夢のあいだの紙一重

   
   見つめて 触って もっとぬくもり確かめて

   それでも 心の 淡い影ならぬぐえない


   梢を 飛び立つ鳥たち

   あなたに重ねる黄昏


   さまざまな時代超えて いくつもの愛のかたち

   風が 呼んで 伝え 運ぶときめきに

   今は 想いつらぬき
  
   燃えつきるまで すべてをゆだねたい


   かなわぬ さだめがあっても

   夢のあいだの紙一重


   行方なら風に聴いて 悔いない愛もあると

   出逢い 別れ すべて 時のまぼろしと

   今は 言いたくないよ

   燃えつきるまで すべてをゆだねたい


   風に 流されるなら 風に向って

   愛も夢もつかんでいく


          詩 来生えつこ




「風と共に去りぬ」  ← 聴いてみてください


関連記事
スポンサーサイト



 

秘密にする

..