FC2ブログ
 
フランチェスカ 
1992年に本が発売され 1995年に映画化された「マディソン郡の橋」

主人公のフランチェスカは40代の農家の主婦。。

夢も無くなったように平凡に暮らす中で知り合ったカメラマンとの4日間の恋物語。

その頃 わたしも同世代 本を読んでそんな恋物語に憧れたけど

映画ではフランチェスカを同年代のメリル・ストリープが演じ

キンケイド役は当時65才のクリント・イーストウッド。。。。。

正直 映画にはガッカリした。。。。夢が壊されたとも思ったくらいだったの。

だらしない感じに演じるフランチェスカは あまりにもリアルで

キンケイドは年を取りすぎていたからだ。。。。そんなの 無理~~と思った。

あれから20年・・・・ 今夜 ほんとは興味本位で見た。

若い頃見た映画の印象と 今見直す印象が大分違うのは分かっていたけど 

20年前の見方と 20年後の見方が これほどに違うとは思わなかった。。。。

結婚生活の中で 家族だけが世界の中心 愛のすべてが自分にあった頃と

今は年を経て 新しい自分に変わっている 様々な人生を経験しているから。

実年齢よりも多分若い設定だったイーストウッドでさえ 恋をしてもおかしくないのだ。

フランチェスカの4日間が 今 起こったら その思い出を一生抱いて ひとりでも生きられる。

激しい恋心も いつかは消えていくけれど 思い出の中では永遠だものね。



さぁ~~~ 今から「確証」見ましょう! 




関連記事
スポンサーサイト



 

秘密にする

..