FC2ブログ
 
気がつかなかった木 
毎年 見てはいたけれど 郵便を出しに行って振り返ると 敷地内の銀杏の木。

西側の墓地の端っこにあるのですが いつものわたしの行動範囲からは離れているので

今日 まじまじと見て驚いてしまった。。。。







こんな感じの色合いになって来ていて 綺麗なんだけど

落ち始めると周辺の道や落ち葉だらけになってしまうお墓もあり

お掃除のおじさんも毎日 大変な時期が到来した。

風情を残して 落ち葉は全部は掃かないでいるけれど それでも毎日大量のごみ袋が出る。


昨日のコンサートで終わりと思ったのが間違いで

12月1日の「第九」まで 猛練習が続くのだった。。。。 

今回 わたしは出演しないけれど しばらくは母のことで一杯かもしれない。

孫ちゃんたちにもしばらく逢っていないので 逢いたくなる。。。。

今はクリスマスの飾りつけを 今年はちょっと派手にして 12月に入って落ち着いたら

我が家で〝盛大に〟わたしの誕生日祝いをしてもらうつもりだ。。。。

何と言っても節目の年 元気でいてくれる母にも感謝のつもりで なにかプレゼントしようと思う。


ショートスティへの考え方が 姉とわたしでは違っていて 相談という形にならない。

「なら・・・ 勝手にすれば・・・」と いつも最後は姉の言葉でお終いになる。。。

無理に定期的に行かせなくてもいいと 思うわたしと

わたしを少しでも解放してあげたいと思う姉心かもしれないけれど

そうまでして 楽しめるはずもなく 日々の生活で手がかかるわけでもない。

前回はわたしがお泊りするから その間は一人でいられないということで 行ってもらったけれど

わたしだってそうそうお泊りすることもないから しばらくは今のままで行こうと思うわたしと

姉も考えが上手く行かない。。。。

母がいなくなって わたしが一人住まいをする時が来たら

皆が嫌がる〝オニババさま〟の住んでいた要塞のような離れに住んでも良いと思う。

姉にも文句ばかり言って やってくれるのを待つのではなく まず自分で決める。

そうすれば お金は出してくれるはず。 不満だけを言っていたって 進まないで

こうしたい! こうするから!と言っても良い立場にいるのだといるのだと 励ましたつもり。。。

自分のしたい生活を勝ち取るための努力を怠けていてはいけないのだと

強く強く言い聞かせたけど どうーなりますことやら。。。。。


わたしは車で通うよりも お給料を多少少なくなっても 年を取っても出来る仕事もあるし

わたしは絶対に今の仕事場から離れたくないことを 姉にも伝えた。

わたしは遊ぶのはちょこっとでいい。。。。 子供たちが幸せになってくれれば それでいい。


まったく ダメダメ家族で 仕事もやり方もバラバラ・・・・ 

ヨメが裏工作をしているので 甥っ子(長男)もイライラしている状態の方が多いから

お坊さんはお経を読んでいればいいさと わたしは思う。

甥っ子(次男)は 積極的ではないけれど 人との接し方はなんともホノボノタイプ。

だから らしい住職役と それを和らげる副住職の役割分担をすればいいのだ。

ヨメは育児と遊びに徹すればいいのだ。 

口ばかりでけしかけて ゴチャゴチャにするなということだ。

接したことのある人ならば どんなに繕っても 本性は隠せないから

夫婦ふたりが 上手く行っていれば このままでも構わない。。。


わたしは今回の高倉健の生き方と言葉の中で一つだけ学んだこと「耐え忍ぶ」こと。

何を言われても 多分 他の職場とは全く違う立場でいるのだと思う時

ヨメたちのイヤミや偉そうな態度 自分たちが正しいという思い込みに対して

耐え忍ぶこと・・・・・ うん! それに決めたの。。。。

条件としては 今の私の年代と比べると 相当いい条件だと思うからだ。

ただね・・・・ 身体を丈夫にしておかないとね。 それが一番のわたしの欠点だ。

努力や口下手 だけど 要領は大分良くなっていると自覚している。

イベントごとのお料理の素晴らしさに つい惹かれてしまうから 普段は質素に。。。

そろそろ 生き方を自分流にして行こう。。。。

重大な節目が来る年末 がんばるぞ!っと 自分を叱咤激励してる。。。

いつまでも凛として(?) 美しく(?) 苦労の見えない顔(?)

そして何よりも子供たちに 母は大丈夫だよと言うメッセージを伝えて行きたい。


さぁ~~~~「隠蔽捜査」を見ながら 夢の世界へいきましょうか?








関連記事
スポンサーサイト



 

秘密にする

..