FC2ブログ
 
9月16日(水) 
おはよう! お天気が下り坂のせいか ベッタリとした朝。

今日は1週間の中でも比較的〝楽〟に 出来る日。 仕事場でね。


昨日、娘から体調不良のメールが届き 心配している。

わたし自身が右足にほぼ集中している坐骨神経痛が 少し良くなった状態

左足の親指が腫れているのが治らなくて とうとう皮膚科へ通いだしたところ。

母は明らかに老衰なのに 認めたがらず あきらめもせず 受け入れることが出来なくて

悩み苦しんでいるところだ。

年を取っての〝自然死〟というのは 徐々に動けなくなり 食欲も減り

食欲も無くなれば 自然とウツラウツラ寝るようになり 内臓のすべてが使い切り疲れ

そんな時に医者が無理やり 点滴したり 胃ろうをしたりして延命せず

ウツラウツラ眠っているうちに息を引き取る・・・・ と言うことらしい。

自然死と安楽死の違いは まったく違うのだ。

わたしはどちらでもいいと思っていて〝延命治療は望まず 痛みのみ取る治療だけ希望 

そして自然死へ〟  いつも「日本尊厳死協会会員証」を持ち歩いている。

もちろん母にそうしろとは言わないし 一緒に住んでいることが わたしとしては当たり前感覚で

いるのだけれど・・・・ 母からすると「重荷になっている感」はあるらしく 

その感情はいつも胸にあって なにかの言葉の使い方で爆発する。

姉のところにも行ってくれず 「わたしにどうして欲しいの」と 思い余って聞いたら

結局のところ「お前を頼りにしてるんだよ」と 言った。 これぞ本音だったのかと納得した。

あの家の息子は親孝行だ とか みんなでいられて羨ましい とか 言っているから

自然と嫌気がさして口も利かなくなる状態のわたしだから やることもぞんざいになってくる。

「頼りにしてる」という気持ちが根底にあれば 話は別になる。というもので・・・・ 甘いんだわ わたしも。

なんせ 老々親子だからね。 そう若い頃のようには動けないけど。。。。



娘に関しては 一生懸命やり過ぎ 気を使い過ぎ 自己犠牲と理想に押しつぶされそうだ。

またか!と 親として思う。 なんでも「自分がやらなきゃ誰がやる」がある限り

仕事に関しては 無理な状態が続くのは 今まででもあったこと。

今のうちに自分を甘やかすことを 覚えて行かないとまた病気が再発しそうで

メンタル面でのケアを始めるみたい。

子供二人育てながら 仕事も難しいことを任されるのは ストレス以外の何物でもなく

それを出来そうに見えてしまう存在であってしまう 〝損な人〟

無理難題に果敢に向かっていくのは偉いけれど

出来なければ 逃げるか 出来ないと言うか なんだよね。。。。


総合的に周りを見渡しても 〝普通に生きてる〟人は まず いない。

自分を大事にすることが より良い生き方だと 今のわたしは思う。

それを受け止めてくれる人を大事にして お互いさまの気持ちで繋がっていたい。

誰かが倒れるとまず思うことは「自分がしっかりしよう」と思う。

しっかりの意味は 「自分をなるべく楽な状態にしてあげること」

結局は自分自身で解決することだから それをサポートできるような自然体でいること。

一緒になって あれこれ右往左往することなく「大丈夫だよ」の存在でいること。

頭の中のどこかが いつも遊んでいる状態でいること。

それは相手に対して真剣に向き合わない事じゃなくて 手伝う力・気力を

自分の中で育てることになると思うから。


さてさて そろそろ動き出さなくてはなりません。

自分を大事にしましょうね!

長いグチ話を 最後まで読んでいただいて ありがとう!

頭の中を整理するのに ここに書いてます。 他意はありません。

これがわたしの生活なのだと 今日もファイト!です!!!




関連記事
スポンサーサイト



 

秘密にする

..